横浜の下町の大問題児、仕出し弁当屋「うお時」の三代目若旦那のブログ。もう十分、アラフォーなのに毎日、始末書を書いてます。。
横濱うお時コミュニケーションボード

2017年03月31日

僕がしげよしさんと組んだ理由

先日の事ですが、弊社うお時の高級ライン「しげよし」に大量のご注文を頂きました。
それをフェイスブックでご紹介したところ、親しい友人から、なぜ、FCに加盟したの?という
質問を受けました。

確かに、うお時が「しげよし」ブランドを作る。「しげよし」のサイト上ではうお時ではなく
しげよし横濱関内店と表記されているし・・・。

どうしてこうなったかというと・・・・

①うお時の商品群の中で、高級商品群(2,000円以上)の商品力が弱い
②65年続けてきた商品づくり、メニュー立案、製造ペレーションに
 限界を感じるようになってきた
③しげよしを運営する寿美家和久という会社との契約がFCではなく、
 どちらかというと、弊社側にも裁量がある業務委託に近いものだったから

という点が挙げられます。

仕出し屋さん、お弁当屋さんを取り巻く状況は、本当に厳しいものがあります。
一口に仕出しといっても、お客様層、価格帯も本当に多岐にわたっています。
ネットの普及により、お客様へ直接、お弁当をご提案できるようになると
今まで以上に、商品力、コストパフォーマンスを望まれるお客様が増えてきてます。

そんな状況の中、弊社としても、今までターゲットにしにくかった一般顧客、
つまり個人・ご家族のお客様層へのアプローチを考えていました。
しかしながら、ここ数年、少なくとも僕が経営に携わるようになってから
冠婚葬祭等を対象としたお弁当、商品にあまり力を入れておらず
ラインナップも、おそらく20年以上変わってないものでした。

それを打開するために、今回、しげよしさんと提携を結び、弊社の弱点である部分を
改善、改革してみようと考えた次第です。

実際、今回の大量注文を経験して、スタッフから、「きれいなお弁当だった~」
「このおかずの切り方、入れ方をこうしたらもっときれいになるかも」
といった、前向きな意見が出てきたのが僕自身、驚きでした。

65年続けてきたやり方を改革する、それは本当に難しく、劇的な変化はリスクを伴うと思います。
でも、やり方を変える、という事は、結局、人を育てるっていう事なんだろうと考えています。
では、人、つまり人財を育てるためには・・・・まずはお手本を見つけて、真似してみることが
1番、やりやすいのでは・・・と。

弊社のしげよし商品群、4月5月、積極的に販促をかけていき、横浜市中区・西区のお客様に
認知、アピールをしていきます。ご注文が増えていく中で、スタッフがどう創意工夫、改善が
進んでいくのか、本当に楽しみです。

そのうえで、うお時らしい、新しいお弁当をどう開発していくのか・・・・
それが僕の仕事になりそうです。

いずれにしても、、皆様、今後とも叱咤激励、ご指導、ご鞭撻、何卒、よろしくお願い致します。


雅



にほんブログ村 地域生活ブログへ にほんブログ村 音楽ブログ R&B・ソウルへ
同じカテゴリー(うお時関係)の記事画像
報・連・相の活用方法!
お客様からお手紙を頂きました。。。
That's one small step for me, one giant leap for uotoki
当たり前のレベルを上げることが・・・・
「ブランディング」について試行中
クリエイティブな仕事とは??
同じカテゴリー(うお時関係)の記事
 報・連・相の活用方法! (2017-05-13 09:09)
 お客様からお手紙を頂きました。。。 (2017-05-03 06:30)
 That's one small step for me, one giant leap for uotoki (2017-04-29 09:40)
 当たり前のレベルを上げることが・・・・ (2017-04-22 06:30)
 「ブランディング」について試行中 (2017-04-15 08:30)
 クリエイティブな仕事とは?? (2017-04-04 06:30)

Posted by 株式会社うお時 代表取締役・渡邉清高 at 05:30 │うお時関係生存報告