横浜の下町の大問題児、仕出し弁当屋「うお時」の三代目若旦那のブログ。もう十分、アラフォーなのに毎日、始末書を書いてます。。
横濱うお時コミュニケーションボード

2017年05月13日

報・連・相の活用方法!

最近、意識している事なんですが・・・・
いわゆる「報・連・相」についてです。
特に重視しているのは「相」です。

基本、スタッフと打ち合わせや、話し合いをするときに
どちらかというと、僕からスタッフに宿題を出して、
その回答を数日後にもらうケースが殆どです。

これは、スタッフ自身が自分達の仕事を漫然としている
あるいは、作業が機械的になってしまっている証拠でもあるわけです。

なので、宿題を出す方も・・・
「どうしてこんなふうになっちゃった??」とか、
「お客様から、こんなご意見頂いているけど、どうすればもっといい商品になるか
みんなで考えてみてね」といった漠然とした指示の後に、
必ず、「この件は●●さん、みんなの意見を取りまとめて、〇曜日までに、報告と
改善方法、もらえる??」と担当者と納期を決めるようにしてます。

で、意識しているのは、その宿題回答の時です。
この時、この担当者がどれだけ確固たる意見、方法論を提案してくるか
そこに注力しています。
簡単言えば、「●●します」という回答であれば、それを踏まえて、
「では、それを担当者だけでなく、スタッフ全員が出来るようにするには、どうすればいい?」と
再度質問をして、その場で回答が出なければ、また納期設定の上、宿題指示となります。
(アクションプランが回答出来たら、ほかのスタッフの前で発表し、即実施します)

また、宿題回答時に「●●思います」「●●しようと思います」
あるいは「●●が良いとみんな言ってました」などといった場合には、
「それを形にするためにはどんなアクションをすればいいと思う?」
「担当として、どうすればみんなに共有できるか、自分が出来ることは何だと思う?」と
上記同様、再宿題となります。

つまり、何をしたいかというと・・・・・
担当に任命されたスタッフに、自分の考え、周囲の考えを把握させたうえで
どうすれば集約、コンセンサスが取れるのか?
また、そのために自分がどういう行動をとればいいのか?
それをトコトン考えさせるために、この「相」を重要視しています。

この結果、スタッフ間の情報共有スピードが速くなってきたと実感しています。
また、本当に微々たる進歩ですが、自分たちに出来るレベルで、ミスなく仕事をしていこう
あるいは、ほかのスタッフのミスをチェックしあう意識が芽生えてきた気がします。

成功事例があります。
数カ月前ですが、製造したお弁当に髪の毛混入の事例が発生いたしました。
以前から、予防のために、頭巾のように肩まで覆う形をした帽子の着用をしておりましたが
それでも未然に防ぐことができず、スタッフ間で緊急MTGを行わせました。
その結果、店舗の出入り時に、手を洗うだけでなく、「粘着カーペットクリーナー(いわゆるコロコロ)を
全身に当てる」、というシンプルなものでした。
でも、それだけではスタッフ全員が継続できないのでは、と僕は思い、
担当スタッフに「では、どうすればみんなが100%、必ず実施できると思う?」と尋ねたところ
「店舗の入り口付近の見えるところにフックで掛けます」との事。
それじゃ、とりあえずやってみようか、とスタートさせたところ、
ローラー1本が半月~1か月でなくなるほどに、
また、それに比例して、混入事例を未然に防げています。
無論、今でも継続して実施しています。


現在のところ、お恥ずかしい話、「相」というよりは「宿題」というレベルですが
日々の業務の中で、スタッフみんなが、「これ、こういう風に変えたいんですが・・・」とか
「こういう機材があれば、こういうミスを防げるのですが・・・」といった、自発的行動がともなって
はじめて「相談」になると思います。
コロコロの事例のように、スタッフがみんなで考え、100%実施できるアイディアが
自発的に相談・提案されるまで道は長いと思いますが、そういう改善が当たり前、
とみんなが感じる職場環境を目指していきます。
最終のゴールイメージは、僕がいなくても、うお時は最高の商品と最高のサービスを
お客様にご提供できる組織を作ること。。先は長いですが、頑張ります!




  

Posted by 株式会社うお時 代表取締役・渡邉清高 at 09:09うお時関係