横浜の下町の大問題児、仕出し弁当屋「うお時」の三代目若旦那のブログ。もう十分、アラフォーなのに毎日、始末書を書いてます。。
横濱うお時コミュニケーションボード

2017年04月29日

That's one small step for me, one giant leap for uotoki

今週、キッチンスタッフに1つの宿題を出してみました。
それは、うお時が創業以来作り続けてきた、魚の照り焼き、
その照りをより持続させる調理法はないか??というもの。

実は、昨年まで、魚を焼くのに、大きなグリルを使用していたのですが
老朽化したため、直火ではなく、熱風で焼き上げる、機材に変更しました。
この新しい機材、大量調理には向いているのですが、
直火で焼いたときのような焼き色、風味を出すのが非常に難しいのです。

で、単に「考えろ!」といっても、すぐにスタッフから改善案が出てくるわけもなく。
この辺、創業65年の悪しき風潮、調理が作業になってしまってる典型例だと思います。
彼らとしては、「今まで、こうやってきたから」とか「これで十分美味しいから」という
自分勝手な論理で、自分たちの仕事を振り返ったり、工夫することはしない。
でも、それでは、何も変わることが出来ない。。

というわけで、今回、まず僕なりに考えたアイディアをスタッフに共有し
実際、焼いてみました。これが、ちょうど1週間前の土曜日の事です。
この焼き上がり、以前の物よりは確かにいい仕上がりになってました。
でも、もっと改善の余地があるんじゃないか?そう話したところ・・・・

いやぁ、スタッフからアイディアが出るは、出るは・・・・笑

大きく分けて3つのポイントがあり
①照り焼きのつけ汁の配合
②魚の漬け置き方法、時間
③焼き方(温度と時間の設定、さなかをひっくり返すタイミングなど)
それを1週間かけて、ほぼ毎日、試行錯誤を繰り返し、
現段階でベストな照り焼きが出来つつあります。

最近、思う事なのですが・・・・
確かに僕は3代目で、スタッフのほとんどが僕より社歴が長いメンバーです。
長く一緒に仕事をしてる、という事は、いろんな意味で「なんとなく」とか「きっと」
といったような曖昧なことが多いような気がします。
これって、何かを変えたい、という時に、一番、ネックになるのは、
そういう社内風土ではないかと。
多分、事業継承した経営者には業態問わず、同じ悩みがあるんじゃないでしょうか?

では、それを打破していくためには・・・・・
これを現在、五里霧中な状況ではありますが、取り組んでいます。
施策としては・・・・
①僕のやる気を見せる(言葉ではなく、行動で示す)
②ルーティーン以外の業務・トライアルに積極的に参加させる
③信賞必罰
④新しいスタッフの採用
無論、社長の僕を含めても、15人に満たない小さな組織ですので、
大企業のようにはいきませんが、この①~④を常に意識してやっています。

その小さい1歩、本当に小さい成功例が、今回の「照り焼き」かと思います。

僕にとっては、アームストロング船長の、
That's one small step for [a] man, one giant leap for mankind
ではありませんが。w

でも、こうやって、1つ1つ、改善点を形にし、必ず褒めることで、嬉しい気持ちを
体感してもらう事。つまり、それは、成功体験を積ませること。
そして、各人が考えたことをアウトプットし、他を巻き込んで、チームとして
さらなる改善をすること。そして、そのサイクルが回り続ける組織、風土
そんな会社を目指していきたいと思ってます。

先は長く、ひょっとしたら最終形のゴールなんてないかもしれません、
でも、そんな組織が出来たら、きっと世界一の会社になってるかもしれません。
それを考えたら、ワクワクが止まりません。w
その1歩1歩を、経営者として、成功体験できる日々を貪欲に目指していこうと思います。

追記:
横濱うお時のハイプライスライン「しげよし」の春メニューチラシが完成しました。
横浜市中・西区の一部の皆様には折り込み広告で配布させて頂いております。
中・西区以外でも、ご注文時に、「横濱関内店(うお時)で」とお伝えいただければ、
他エリアでも、調理・お届けが可能です。是非、ご家庭のハレの日、お祝いなどで
ご利用くださいませ。
しげよし横浜関内店(うお時)2017年春メニュー
しげよし横浜関内店(うお時)オープンメニュー




  

Posted by 株式会社うお時 代表取締役・渡邉清高 at 09:40うお時関係