横浜の下町の大問題児、仕出し弁当屋「うお時」の三代目若旦那のブログ。もう十分、アラフォーなのに毎日、始末書を書いてます。。
横濱うお時コミュニケーションボード

2017年03月30日

小さい事ですが、業務改善。



昨日、公私ともにお世話になってる小林紙工様で、
新しいタイムカードレコーダーを購入しました。

以前、使用していたものは、7~8年使用していて
印字はズレ、色も薄くで、給与計算時に結構、
工数がかかってました。
(薄く印字されたタイムカードを、複合機で、
色を「濃く」に設定し、コピー)

そのコピーしたタイムカードを使えば良いわけですが・・・・
問題はズレ。日にち、曜日がずれて、
1人1人シフト表と見比べて出勤確認…。
その確認後に、個々の勤務時間の集計。
従業員、約10名で、1時間半~2時間かかる作業でした。

弊社は2月決算。というわけで、
新年度という事もあり
新しいタイムレコーダーを
購入したわけですが・・・・
機能満載で驚いています。

普通に打刻できるのは当然の事として・・・・
①日次で勤務時間を1人1人づつ算出できる
②月次で、1人、1か月分の勤務時間の集計を
自動的にやってくれる

これで、給与業務の内、大半の時間を割いていた、
出勤確認、集計の手間が削減できます。
工数にして、約1時間。。大きいですよね。
少しの投資で、既存の業務の工数削減。
この様に、自分の周囲を見渡して、業務の見直し、
工数削減に努めていきます。
目標は、ルーティンワーク、月間10時間の削減です。

そのうえで、スタッフの勤務時間短縮、効率化をどう図っていくのか、
同じ様なスキームで、従業員を巻き込んで進めていきます。

  

Posted by 株式会社うお時 代表取締役・渡邉清高 at 12:30うお時関係生存報告