横浜の下町の大問題児、仕出し弁当屋「うお時」の三代目若旦那のブログ。もう十分、アラフォーなのに毎日、始末書を書いてます。。
横濱うお時コミュニケーションボード

2008年05月30日

here comes the sun

ここ数日、雨模様で、太陽を見ていないような気がしませんか?

そんなんで、今日は、このアルバム。



1969年発表、Beatlesの『Abbey Road』。

このアルバムには、お日様が待ち遠しい
僕の気分にぴったりな、♪here comes the sun♪と♪something♪
それに♪come together♪といった、誰もが1度は耳にした事のある
名曲が入ってます。


まず、1発目は♪here comes the sun♪


シンプルでPOPで・・・・。
いかにも、ポール・マッカートニーらしい名曲ですよね。
う~ん、太陽が待ち遠しい・・。


で、もう1曲は♪something♪。
不確かな記憶だけど、この曲が、ジョージ・ハリスン作の曲で
初めてビートルズのアルバムに収録された曲じゃなかったかな??
ちなみにyou tubeは、そのジョージ・ハリスンの追悼コンサートから。



良いでしょう。
ポールがウクレレってのは珍しい。
それに後半がクラプトン。
このコンビも、ありそうでないですよね。
ウンウン、良い感じ。

実は、若い頃、あんまりビートルズが好きじゃなかったんですよね。
なんていうのかな、聴かず嫌い・・・というのかな。

19歳の時、1浪して、2月に大学受験があり、なかなか決まらず
確か、2月の3週目か4週目まで、もの凄く不安で。。。
で、まぁ、大学に引っかかり、合格発表の5日後には、親友と一緒にヒースローに
降り立っていたっけ。(笑

その友人が、Oasiaが当時、大好きで、その影響からかビートルズに
はまってて、日帰りでリヴァプールまで。
当然、お金なんか無いから、intercityなんかには乗れず、鈍行で3~4時間。
向こうに着いて、AMEXがやっている、ビートルズ市内観光ツアーを回り
港で写真を撮り、くたくたになりながらロンドンに戻ったっけ。

で、ロンドンを離れる前日、アルバムジャケットと同じ、
ABBEY ROADに行き、2人並んで、横断歩道を渡りながら、写真を撮って
貰ったっけ・・・・。

その時も、今日の横浜の空模様のように、「鉛色」だったよな。
あれから、厚い雲に覆われた空を見ると、「ロンドンの空」みたいだって
思うんだよなぁ~。

懐かしいなぁ、あれから、もう15年近い。

今、彼は名古屋、僕は横浜で、殆ど合うことも、連絡することも無く。
実際、連絡を取ることも年に数回とか。
でも、不思議と離れてる気がしないのは、何故なんだろう??

僕が歳を取るにしたがって、ビートルズが好きになったように
やっぱり、人と人の絆って、だんだん濃く、
そして強いものになっているような気がする。
たとえ、殆ど、逢ってなくとも。

多分、僕は、良い経験をさせてもらってるんだろうな・・と。

たまには、ビートルズのAbbey Road、良いですよ。是非!!  


2008年05月30日

パッタイです。。



最近、はまっいる「パッタイ」。
パッタイというのは、タイの焼きそばの事で、
近所のタイ料理屋さんに行くと、必ず頼んで食べてます。

一般的には、タイ料理というと、「辛い」という印象が強いですが
勿論全てが辛い訳でなく、このパッタイに関して言えば、
地方によっては甘いものもあるそうな・・・。

で、写真なんですが・・・。

そう、この文脈から考えると、そのタイ料理屋さんで出てきたものだと
思われがちですが・・・・

ハイ、僕が作りました。(笑

さすがに、麺は、タイ産の物を使うと高くつくので
普通に売っている焼きそば用の麺で代用。

作り方は簡単で・・・・
材料は、上記、焼きそばの麺、もやし、にら、ししとう、ニンニク、鷹の爪、お肉(今回は鶏肉)、レモン。
調味料は、ナンプラー、塩、薄口醤油、砂糖、隠し味でトウバンジャン。

まぁ、仕事終わって、夜遅くに帰社してから作ったので、軽めに・・と思い
鶏肉(モモ肉)はカットして、塩を入れたお湯できっちり湯通し。
(炒めても良いんですが、ちょっとしつこくなるかな・・・と思って。)

中華なべに油を引き、そこに砕いて叩いたニンニクとトウバンジャンをいれ加熱。
ニンニクの色がちょっと変わってきたら、鷹の爪をいれ、そこに麺を投入。
(麺はレンジで30秒位、チンすると良くほぐれて良いですよ)

麺に火が入ったら、しし唐をいれ、数分(30秒~1分)経ったら、モヤシ、ニラ、
そして湯がいたチキンをいれ、塩、砂糖、ナンプラー、薄口醤油で味あわせて
仕上げにレモン汁を少々。

これで完成です。簡単でしょう。
ポイントは2つ。
1つ目は、普通の焼きそばのように、具から炒め始めると、どうしても
野菜がしんなりしてしまい、食感が無くなってしまう。
故に、麺から炒めはじめる事。(野菜も火の通りが良いものを選ぶ)

2つ目は、辛さと甘さの調節。
僕の場合、辛いものが結構好きなので、トウバンジャンを使います。
勿論、普通は入れません。その代りに、辛味の強い唐辛子を使うようですが・・・。
トウバンジャンを使うメリットは、あの唐辛子の香りです。
辛いのが苦手な方は、鷹の爪す少なくして使えば、美味しく作れると思います。
それと甘さですが、基本的には、かなり少なめで。
もし心配なら、先に、調味料を合わせて、その味で調整してみてください。
その際は、レモン汁の量に気をつけてくださいね。
(ナンプラーと砂糖、レモンの組み合わせは、最高ですよ)

とまぁ、久々に、料理レポになりましたね。
最近、気分転換に、結構、エスニック料理を作っているような気がします。

なかなか普通の家庭で作ることはないと思いますが
この食感、酸味と辛さのハーモニーを楽しんでは如何ですか?
当然、ビールにも合いますよ。



  


Posted by 若旦那 at 09:20料理関係

2008年05月29日

Layla

というわけで、Derek and the dominosの1970年リリースのアルバム
『Layla』です。


このロック界の不朽の名作は、エリック・クラプトンによって書かれたもので
親友のジョージ・ハリスンの奥さんを好きになってしまった
クラプトンの心のもどかしさが全編に散りばめられています。

オリジナルバージョンも最高ですが
こんな雨の日には、アンプラグドで。。

しかも、伴奏は、マーク・ノップラーです。



う~ん、良い曲ですね。
この2人が、1つのステージにいるだけで、僕なんか、鳥肌ものです。

ちなみに、タイトルになった、レイラの由来は
中東に古くから伝わる物語『ライラとマジュヌーン』で主人公に狂おしいまでに惚れられる
美女ライラだそうな。

娘が出来たら、レイラって名付けようかな?
セーラでも良いんだけど??

でも、何で男の子の名前は出てこないんだろう??
不思議です。(笑
  


2008年05月28日

mountain dew



久々に発見しました。
mountain dew

子供の頃から大好きで。。
どうも、その趣向は原宿のたろーさんと
一緒のようで。。。(笑

メタボといい、ジャンクさといい・・・。(爆

HPによると
mountain dewは1940年代に生まれ
60年代にペプシが販売するようになってから
販売が拡大した模様。

今回、何十年ぶりかのリニューアルらしい。
味は、昔より、すっきりした感じ・・かなぁ・・・。






まぁ、久々に、こういうカラダに悪いものは如何ですか?
そういうのほど、美味しいんですよ、間違いなく。
いまどき、ボトルにカロリー記載されていないぐらいだから・・・・・。

welcome to メタボworld!! (笑

詳しいHPはこちら
http://mountaindew.jp/menu.html

今日も良い天気になりそう。
good day!!  


Posted by 若旦那 at 08:26

2008年05月27日

秘密基地な気分・・・・

先ずは、ここをぽちっと。。

今日、午前中、都内港区某スタジオへ
お弁当をお届け。

地図で観ると、「ほぅ~倉庫だったところね」って感じの
巨大なスペース。

首都高のみなとみらいのランプから乗り
羽田を過ぎ、平和島を過ぎ、ちょっと行った所で降りて・・・・。
ちょっと横羽線が混雑してて、1時間ちょっとかかってしまった。
普段なら30分ぐらいなのに・・・。

で、現場付近に到着したんだけど・・・・

うん・・・・
みんな普通の倉庫ばっかやん??
どこ??
ロケバスとかも見当たらないし・・・どこ??

10分ぐらい探しても判らず、お客様の携帯にかけてもつかまらず
途方にくれていると・・・・・

ガードマンさんがよほど不審者に思えたのか、声をかけてきてくださったので
「○○スタジオに行きたいんですが・・・」と言ったら

一言。

「あ~ぁ、こっち」。。
といって、建物の中を指差している。
しかも、「突き当たりにエレベーターがあるから、それで3階に上がって。
上がれば判るから」・・とおっしゃるので、指示通り、クルマで入っていくと。

えっ、なんじゃこりゃ



クルマよりでかいエレベーターがある。
クルマごと上がるなんて聞いてないよ・・・。

で、呼び鈴を押して、中に入ると・・・・・・



箱の大きさとは違い、操作パネルは普通。
但し、右側に2箇所、左側に2箇所。
しかも、それぞれ高さが違う。。多分、これはトラックとか、乗用車とかの
運転席の高さにあわせているんだな・・と勝手に納得。

で、操作パネルのボタンを押すと



ドアが閉まり、ゆっくりコンテナが上昇。

いやぁ、実は、良くお邪魔している中区役所の駐車場も
このタイプのエレベーターなんですが、規模が違いすぎます。
恐らく、2トン、3トン車まではいけるんじゃないでしょうか?

対面の大型車用のエレベーターには、コンテナ車が並んでたし・・・。

いやはや、こんなところにスタジオがあるなんて、かなりの驚き。
まさに隠れ家、秘密基地といった趣き。

男の子は結構、こういうのすきなんじゃないんでしょうか??

えっ、僕。
次回オーダーを頂いたら、必ず、行きますよ。(笑

だって気分は、thunder birdだもんね。

  


Posted by 若旦那 at 20:05