横浜の下町の大問題児、仕出し弁当屋「うお時」の三代目若旦那のブログ。もう十分、アラフォーなのに毎日、始末書を書いてます。。
横濱うお時コミュニケーションボード

2010年03月27日

幸せのレシピ

先日、NHKのBSをぼっ~と眺めていたら
いわゆる番宣というやつが流れていて・・・・・・・

なんだか近々、2007年に公開になった「幸せのレシピ(原題:no reservation)」をやるらしい。



この映画は、僕の大好きなキャサリン・ゼダ=ジョーンズが主演していて
なかなか面白い作品。
キャサリン・ゼダ=ジョーンズ、美しいですよね。ほんと。
こういう、オーラのある女優さん、最近、少ないですよね。
以前にも書きましたが、ペネロペ・クルス、ジュリア・ロバーツとこのキャサリン・ゼダ・ジョーンズの
映画は割と、チェックしているほうだと思います、ハイ。
あぁ、旦那のマイケル・ダグラスがうらやましいです。(笑

で、この「幸せのレシピ」、実は・・・・・・・・2002年に公開された
ドイツ映画「マーサの幸せレシピ(原題:mostly mortha)」のリメイクなんです。



この映画、本当に素敵でして。。
キャサリン・ゼダ=ジョーンズの魅力も捨てがたいのですが
このオリジナルの方がやっぱり良いと思います。
(まぁ、あくまでも個人の見解なのでご容赦ください)

映像の質感、主人公の心理描写、本当にすごく良く出来ている映画だと思います。
ストーリーはあえて書きませんが、人との触れ合いや、自分自身の成長
そして、「幸せってなんだろう?」と思わず考えちゃう、そんな映画です。

本当に勝手な意見で恐縮ですが・・・・・・・
仕事が好きだったり、忙しい人、特に女性にはオススメの映画です。
ぜひぜひ、ご覧くださいね。。
  

Posted by 若旦那 at 18:50映画・DVD関係

2010年02月22日

volver ~帰郷~

2月21日(日)

すいません、最近、本当に忙しくて。
実は、稼業のお弁当屋さんもかなり好調。
そして、梶原君と準備を進めている「若葉町劇場」の進行も順調。

それに加えて、役所関係だと・・・・・
今週から、4月3日に開催される大岡川桜まつりに合わせての恒例の清掃イベントの
準備&根回し(主催:I love yokohama)や地域の企画案件がその他に2件。
また、本業のうお時さんの方も・・・・・・・・
サンドイッチ屋さんや玉子焼き屋さんのwebオープンに向けての準備。
そして、何より、今月は決算月。。

それは忙しい訳です、ハイ。(笑

そんな中、昨日(2月21日)は、ほぼ1カ月ぶりに完全オフを頂きました。
あぁ、流石に今回は長かった。。

で、朝起きて、「中華粥」と「横浜産の小松菜とトウガラシの炒め」を作り
それをビールで流し込み、朝風呂に入り、白ワインを飲みながら読書していたはずなのに
ウトウトしてしまい、気がつけば、もう夕方。

晩御飯(青菜とブロッコリー、ペンネのぺペロンチーノ)を作り、ビールで流し込んで
時計を見ても、まだ20時。

そんなこんなで以前、頂いていたDVDを鑑賞。
それが、これ。


ペネロペ・クルス主演 2006年スペイン作品、『volver ~帰郷~』。
最近、同学年のペネロペ・クルスがお気に入り。
いやぁ、本当にきれいですよね、このお方。(笑
ラテン系横浜人としては、ねぇ、やっぱり。(笑

ペネロペ・クルスと言えば、2008年度、ウッディ・アレン監督の
『Vicky Christina BARCELONA』(邦題『それでも恋するバルセロナ』)で
アカデミー助演女優賞を獲得したのが印象的ですが・・・・・

その見識は昨晩、変わりました。

この『volver ~帰郷~』、本当に素晴らしい。
ストーリーにはあえて触れませんが、ラ・マンチャを舞台に
スペイン人の日常的な風景、家族関係を本当に面白く、そしてシリアスに描いています。
ペネロペ・クルスは、1人の女性を演じていますが、
娘・妹・そして母親という3つの側面から描かれていて・・・・。
本当に素晴らしい作品に仕上がってると思います。
あぁ、いいなぁペネロペ・クルス。本当に良いなぁ~。

いやぁ久々に良い映画を観たなって感じです。
やっぱり、ハリウッド映画もいいけど、たまにはラテン。
たまの休みを満喫できました。

さて、こんなゆっくりした時間、次はいつになるのかな??
頑張って働かねば!!

追記:
上記とは全く関係ありませんが、最近、世の中狭いなって思う事ばかり。
まさかっていう人に最近、7年ぶりに再会して・・・。
今度はどなたに再会することか。。(笑
なんだか怖いような、楽しいような・・・・。  

Posted by 若旦那 at 20:23映画・DVD関係

2009年11月21日

stand by me

最近、ふと口ずさんでることが多いんですよね。
stand by me




元々は1961年発売のBen E Kingのシングルで
その後、70年代にはJohn Lennonがカバーしましたが・・・・
僕の中では、やっぱりコレの影響が強いかと。。



1986年公開 映画『stand by me』。
元々はスティーブン・キングの短編ホラー小説「The body」を元に加筆・修正し、映画化したもので
今は亡きリバー・フェニックスの印象が非常に強い作品です。

よく、この映画を「人生の中で2回見ると良い作品」などと言われますが・・・・・
子供のころと、大人になってから。
実は、映画同様、タイトルトラックの♪stand by me♪もそんな気がしてなりません。

ちなみにあまりにも有名な歌詞ですが・・・・・

When the night has come
And the land is dark
And the moon is the only light we see

No, I won't be afraid
Oh, I won't be afraid
Just as long as you stand
stand by me,
So, darling darling
Stand by me
Oh stand by me
Oh stand
Stand by me
Stand by me


If the sky that we look upon
Should tumble and fall
Or the mountain
Should crumble to the sea

I won't cry, I won't cry
No, I won't shed a tear
Just as long as you stand
stand by me

Darling darling
Stand by me
Oh stand by me
Oh stand now
Stand by me
Stand by me..
(instrumental break)

Darling darling
Stand by me
Oh stand by me
Oh stand now
Stand by me
Stand by me

Whenever you're in trouble
Won't you stand by me,
Oh stand by me
Oh stand now
Oh stand
Stand by me..


何か、やっぱりジ~ンとくる歌詞ですよね。
齢35歳、何だかいろんな事を経験してきて、この歌詞の凄さというか
深さ、もの凄く感じるようになってきました。

10代の頃は、友達とか彼女とか、そういうものをイメージしていたんだけど
今聴くと、家族とか従業員とか、あるいは仕事仲間とか。
何だろう、自分の周囲にいる人、すべてのような気がして・・・・・。
まぁ、大人になって、自分がひとりで生きてるわけじゃない、ってことを
理解できるようになったからだとは思うんですが・・・・。

まわりの事を考えて行動しようとすると、
どこか自分に我慢が必要になったり・・・・
そして時に、それが、もの凄く辛く感じたり・・・・・
そういう生き方なのか、役割なのか、あるいは・・・・・・

仕事もいい感じだし、日々、楽しいはずなんだけど
何となく不完全燃焼。(笑
もう、ガムシャラだけでは前に進めない年齢なのかな???

何だか、♪stand by me ♪を聴くと、そんな事を考えちゃう今日この頃。
やっぱり疲れてるのかな・・・。



閑話休題、お仕事の中でも「食材」や、「レシピ」を皆さんに公開するブログ
横濱うお時・コミュニケーションボード
新たに始めてみました。まぁ、この「始末書」ほどUPの頻度は高くないと思いますが
横浜近郊の農家さんとのやり取りや、簡単なお弁当、お惣菜の作り方なんかを
月数回の頻度でUPしていきます。お時間がある方、チェックしてみてくださいね。

ちなみに・・・・・・・
昨日は、こんなお野菜をゲットしてきました。

何と赤カブです。さて、これがどんな風に調理され事やら。。  

Posted by 若旦那 at 08:22映画・DVD関係

2009年11月16日

これぞ香港ノワール、『インファナル・アフェア』

11月15日(日)

このところ、御休みを頂いていなかったもので・・・・・
多分、1日オフは20日以上、取っていなかったので、久々に午後休。
(午前中は世田谷区・赤堤までデリってきました)

で、久々にお家に帰り・・・・
なんもする事がなかったので・・・・・
うちにあるDVDでも見ようかと。

で、セレクションしたのがこちら。

『インファナル・アフェア』(原題:無間道) 2002年 監督:アンドリュー・ラウ

いやぁ~ご存知の方、多いと思いますが・・・・
この映画、2006年にレオナルド・ディカプリオ出演の「ディパーデッド」の元ネタなんですが
やっぱりオリジナルはイイ、本当に大好きな映画です。

出てくる俳優陣も凄くて、主役は2枚看板の、トニー・レオンとアンディ・ラウ。
そして、大好きなケリー・チャンまで出てきます。(笑
いやぁ~ケリ・チャンは美しい。大好きな女優さんです。

で、話が飛びましたが・・・・・
ストーリーは、マフィアに潜入した警察官(トニー・レオン)と、
警察に潜入したマフィア(アンディー・ラウ)の2人が軸となって進んでいきます。

1990年代以降、香港ノアールと呼ばれる、香港映画作品群のなかでも、
一番しびれる、カッコイイ、そして胸に残る作品だと個人的に思っています。


ちなみに、香港ノアールとは・・・・・
1950年代以降のフランス・フィルム・ノアール、つまりギャング映画や暴力映画の中で
描かれていた「男同士の友情や裏切り」というテーマを、1990年代以降の香港映画の中で
多く見受けることができ、そう呼ばれるようになったのでは・・と勝手に解釈しております。
まぁ、フレンチ・ノワールの影響を多く受けた監督が台頭してきた、と言えるかもしれませんね。
(これは僕の解釈なので、専門的なご意見、ご指摘はご容赦ください)


休みの日に、ビール片手にDVD。
なかなか良き休日となりました。。次は、いつ、こんな時間が取れるのかな??


  

Posted by 若旦那 at 08:53映画・DVD関係

2009年01月13日

made of honor



なんだか寝付けない。。。
というわけで、現在2:03AM。
明日は6時過ぎには会社に行かなければならないので
このまま眠らないほうが良いかも。

で、今回のネタは最近DVDで見た映画。
原題made of honor、邦題は近距離恋愛。
ちなみに、made of honorっていうのは
仲人と花嫁の介添え人を足して2で割ったような役割の
人のことを指します。

パトリック・デンプシー とミシェル・モナハン が出演し
かなりコミカルに仕上がってますが
これは、なかなか・・・・


長年、親友だと思っていた異性の友人が、実は
一番好きな人だった・・・という・・・なかなかありそうなお話。
100分ちょっとの短い映画ですが、なるほどhappyな気分にさせてくれます。

まぁ、はっきりいってしまえばhappy endですが
なんだか身に覚えのある方、結構、いるんじゃないですか?
割と、恋愛って鈍感な人、多いいですからね。

僕は・・・・黙秘権を行使させていただきますが。(笑  


Posted by 若旦那 at 02:14映画・DVD関係