横浜の下町の大問題児、仕出し弁当屋「うお時」の三代目若旦那のブログ。もう十分、アラフォーなのに毎日、始末書を書いてます。。
横濱うお時コミュニケーションボード

2017年04月04日

クリエイティブな仕事とは??

外食産業に代表されるような所謂、フードビジネスは恒常的に
人材採用が難しいと言われています。

人材募集媒体に広告を出しても、キッチンスタッフの
募集だと、問い合わせが1週間に2~3件あれば良い方です。
デリバリー要員だと、もう少し反響があるんですが・・・。

実際、スタッフが足りず、売上げ低下、店舗閉鎖に伴う
人材不足による破産、という話も、本当にあることです。

そんな中、経営者としては、どうすれば人材が採用できるのか?
いろいろな業務の中で、かなり重要、かつ難題の課題です。

一番簡単な方法は、給与面の待遇を上げること。
でも、この方法は、一時的には有効ですが、
中・長期的に考えると、人件費が経営を圧迫しかねない
状況になるのは目に見えています。

なので、出来ることは、他の企業・店舗さんと
弊社がどう違うのか?
限られた予算の中で、弊社の社風や状況、仕事内容を
どうアピール出来るのか???

実は、僕、サラリーマン時代に採用担当人事マンでした。
その時に1番学んだことは、人材採用するタイミングと、
広告の紙面づくりで、応募者状況は本当に変わるということ。

その教訓を生かして、今週、アルバイト、パートさんの
募集広告をタウンワークさんに掲載しました。
無論、広告代理店の営業マンとみっちり打ち合わせしました。




驚くべきは、そのキャッチコピー。
「唐突ですが社長を助けてあげてください。
このままだと奥さんと夕飯の食卓を
囲むこともできなくなってしまいます…。」


いつも頼んでいるアドプランナーさんの、
弊社担当、K君にやられました。
こんなキャッチ、過去に1度しか見たことがありません。
それも、弊社ではなく、僕がご紹介した某居酒屋さんの
採用媒体で。

まさか、廻り回って、
自分のところのキャッチコピーになるとは・・・。笑

限られた状況の中で、可能な限り知恵を絞り、
新しい形を作り出す。
改善とは、クリエイティブなものなんだなぁ、
と改めて実感しました。
この広告で、どれだけの反響が来るのか、楽しみです。。


≪実際の紙面はこちら≫
https://townwork.net/detail/clc_2143201001/joid_47193393/  

Posted by 株式会社うお時 代表取締役・渡邉清高 at 06:30うお時関係生存報告

2017年03月31日

僕がしげよしさんと組んだ理由

先日の事ですが、弊社うお時の高級ライン「しげよし」に大量のご注文を頂きました。
それをフェイスブックでご紹介したところ、親しい友人から、なぜ、FCに加盟したの?という
質問を受けました。

確かに、うお時が「しげよし」ブランドを作る。「しげよし」のサイト上ではうお時ではなく
しげよし横濱関内店と表記されているし・・・。

どうしてこうなったかというと・・・・

①うお時の商品群の中で、高級商品群(2,000円以上)の商品力が弱い
②65年続けてきた商品づくり、メニュー立案、製造ペレーションに
 限界を感じるようになってきた
③しげよしを運営する寿美家和久という会社との契約がFCではなく、
 どちらかというと、弊社側にも裁量がある業務委託に近いものだったから

という点が挙げられます。

仕出し屋さん、お弁当屋さんを取り巻く状況は、本当に厳しいものがあります。
一口に仕出しといっても、お客様層、価格帯も本当に多岐にわたっています。
ネットの普及により、お客様へ直接、お弁当をご提案できるようになると
今まで以上に、商品力、コストパフォーマンスを望まれるお客様が増えてきてます。

そんな状況の中、弊社としても、今までターゲットにしにくかった一般顧客、
つまり個人・ご家族のお客様層へのアプローチを考えていました。
しかしながら、ここ数年、少なくとも僕が経営に携わるようになってから
冠婚葬祭等を対象としたお弁当、商品にあまり力を入れておらず
ラインナップも、おそらく20年以上変わってないものでした。

それを打開するために、今回、しげよしさんと提携を結び、弊社の弱点である部分を
改善、改革してみようと考えた次第です。

実際、今回の大量注文を経験して、スタッフから、「きれいなお弁当だった~」
「このおかずの切り方、入れ方をこうしたらもっときれいになるかも」
といった、前向きな意見が出てきたのが僕自身、驚きでした。

65年続けてきたやり方を改革する、それは本当に難しく、劇的な変化はリスクを伴うと思います。
でも、やり方を変える、という事は、結局、人を育てるっていう事なんだろうと考えています。
では、人、つまり人財を育てるためには・・・・まずはお手本を見つけて、真似してみることが
1番、やりやすいのでは・・・と。

弊社のしげよし商品群、4月5月、積極的に販促をかけていき、横浜市中区・西区のお客様に
認知、アピールをしていきます。ご注文が増えていく中で、スタッフがどう創意工夫、改善が
進んでいくのか、本当に楽しみです。

そのうえで、うお時らしい、新しいお弁当をどう開発していくのか・・・・
それが僕の仕事になりそうです。

いずれにしても、、皆様、今後とも叱咤激励、ご指導、ご鞭撻、何卒、よろしくお願い致します。


雅
  


Posted by 株式会社うお時 代表取締役・渡邉清高 at 05:30うお時関係生存報告

2017年03月30日

小さい事ですが、業務改善。



昨日、公私ともにお世話になってる小林紙工様で、
新しいタイムカードレコーダーを購入しました。

以前、使用していたものは、7~8年使用していて
印字はズレ、色も薄くで、給与計算時に結構、
工数がかかってました。
(薄く印字されたタイムカードを、複合機で、
色を「濃く」に設定し、コピー)

そのコピーしたタイムカードを使えば良いわけですが・・・・
問題はズレ。日にち、曜日がずれて、
1人1人シフト表と見比べて出勤確認…。
その確認後に、個々の勤務時間の集計。
従業員、約10名で、1時間半~2時間かかる作業でした。

弊社は2月決算。というわけで、
新年度という事もあり
新しいタイムレコーダーを
購入したわけですが・・・・
機能満載で驚いています。

普通に打刻できるのは当然の事として・・・・
①日次で勤務時間を1人1人づつ算出できる
②月次で、1人、1か月分の勤務時間の集計を
自動的にやってくれる

これで、給与業務の内、大半の時間を割いていた、
出勤確認、集計の手間が削減できます。
工数にして、約1時間。。大きいですよね。
少しの投資で、既存の業務の工数削減。
この様に、自分の周囲を見渡して、業務の見直し、
工数削減に努めていきます。
目標は、ルーティンワーク、月間10時間の削減です。

そのうえで、スタッフの勤務時間短縮、効率化をどう図っていくのか、
同じ様なスキームで、従業員を巻き込んで進めていきます。

  

Posted by 株式会社うお時 代表取締役・渡邉清高 at 12:30うお時関係生存報告

2017年03月24日

鶴ヶ峰で「まちゼミ」開催中!

まちゼミ・鶴ヶ峰

皆さん、「まちゼミ」をご存知ですか???
簡単にいうと商店街の店主が先生、講師になって、
その専門知識をお客様に伝授する、ミニ講義@商店街、みたいな
イメージです。

現在、横浜市旭区にある、鶴ヶ峰商店街で、この「まちゼミ」の
募集がスタートしています。

なぜ、この鶴ヶ峰の「まちゼミ」を知ったかというと、僕の中1からの親友
というより、もはや兄弟といっても過言ではない、佐々木君が
この町で、眼鏡と時計屋さんを経営しています。

彼は、高校ぐらいからかな、実家を継ぐことを視野に入れていて
大学卒業後、大手の眼鏡チェーン店や、都内にある某商店街の中にある
個性的な眼鏡店などで勤務し、確か20台後半で家業を継いだ、まじめな男です。
彼がすごいのは、20代後半にて、自分が参加している商店街の役員を務め
商売だけでなく、町おこしにもとっても精力的に活動し続けていることです。

そんな彼の、新ネタが、この「まちゼミ」。
なかなか面白いプログラムです。是非、ご興味のある方は、ご参考になさってください。

詳細はこちら「タウンニュース旭区版」をご参照ください。
http://www.townnews.co.jp/0105/2017/03/23/375110.html
  

Posted by 株式会社うお時 代表取締役・渡邉清高 at 09:32うお時関係生存報告

2017年03月22日

楽天スマートペイを導入しました!

楽天スマートペイ導入!

この度、楽天スマートペイを導入しました。
数年前まで、ぐるなびさんと組んでお仕事していた時には
カードでのご利用も部分的に可能だったのですが、
今回の新導入で、すべてのご注文に対して、カード決済が可能となりました。

以前、ぐるなびさんで使用していた機材よりも小さく、使いやすそうです。
また、売上回収も、楽天カードでの決済なら翌日、その他カードでも3日以内と
経営者としては非常にありがたく・・・・

活躍、期待しております!

(インストール未だ…ですが…w)

  

Posted by 株式会社うお時 代表取締役・渡邉清高 at 09:30うお時関係生存報告